AMIDebug for UEFI

AptioやUEFIプロジェクトのソースレベルのデバッギング


AMI Debug for UEFIは高価なICE (In-Cicuit Emulator) を必要としない、UEFIプロジェクト用の強力なソースレベルデバッギングソリューションです。標準のRS-232もしくはUSB2.0ケーブルを使い、Microsoft Windows®のGUIアプリケーションからデバッグ対象のハードウェアに対してソースレベルのデバッグとコントロールを行うことができます。

AMI Debug for UEFI はAMIの Aptioで利用可能であり、加えて"TianoCore" EFI Development Kit (EDK) もしくは様々な UEFI Shell applicationでも利用可能です。 AptioとTiano Coreの開発者はファームウェアレベルのデバッグが可能になり、アプリーケンしょんおよびドライバの開発者はROM内にモジュールを入れ込む必要なしにデバッグフィーチャを呼び出すことができます。 このフレキシブルで安価なツールはIA32とx64ビルドターゲットで動作します。 現在、こちらの商品はOEM/ODMのお客様向け限定の販売取り扱いとなっております。 詳しい情報に関しては、AMIセールスまでご連絡ください。

  • UEFI 2.x と EFI 1.x向けにデザイン
  • 開発環境であるVisual eBIOS (VeB)との統合
  • モジュール式であり、簡単にプロジェクトに導入することが可能
  • 動作可能
  • ターゲットとなるファームウェアに埋め込むか、もしくはEFI Shellから起動可能
  • IA32 と x64のビルドターゲットをサポート

AMIDebug for UEFI Resources


Links for product support, documentation and related resources

Product Support:

Downloads, FAQ items, Technical Support contact information

2 Data Sheets

For basic product information, key features and specifications

No Whitepapers

There are currently no whitepapers available.

2 Related Documents

Training documentation, manuals, user guides and more

UEFIリソース


AMIのAptio Vの要であるUnified Extensible Firmware Interface (UEFI) 規格についてさらに知る

TOP