VeB Development Environment

Development Environment Built for Aptio V


Visual eBIOS(VeB)は、製品強度のファームウェア開発用に作成されたグラフィカルな統合開発環境(IDE)です。 2001年にAMIによって最初に導入されたVeBは、AMIのフラッグシップUEFI BIOSであるAptio® V でファームウェア開発のための高度なグラフィカル環境を提供します。 VeBは現在、安定した最新のBIOS開発のために不可欠なツールに成長しました。

Visual eBIOS(VeB)開発環境は、Windows®、Linux®などの複数のオペレーティングシステムをサポートしており、x86、x64、ARMシステムをクロスプラットフォームサポートしています。 VeBは、複雑なコマンドによるコーディングの必要性を減らすことができますが、Aptioのバージョンとハードウェアプラットフォーム間の一貫性は、ツールの使用を再学習する必要性を排除します。 代わりに、VeBは、異なる製品ラインを管理するファームウェアエンジニアが開発経験を共有できるようにし、製品の品質と安定性を向上させることになります。

VeBはスタンドアロン製品として販売されていませんが、Aptio Vソースの一部としてAptioのお客様に提供されています。 詳細については、AMIソフトウェア営業担当者にお問い合わせください。

  • 統合プロジェクト管理、ソース管理インターフェイス、および有用なウィザードを含む、使い易く直感的なインターフェイス
  • プロジェクト設定の管理、 プロジェクト出力の確認とビルドログの収集
  • VeBから直接プロジェクトをビルド
  • ソースコントロールサポートの統合
  • Integrated デバッガサポートの統合
  • UNICODE対応のテキストエディタ
  • SDL言語の演算子優先順位による算術演算のサポート
  • VeBからの 単一コンポーネントのビルドもサポート
  • Eclipse IDEを基に開発

VeB Development Environment Resources


Links for product support, documentation and related resources

Product Support:

Downloads, FAQ items, Technical Support contact information

Data Sheet

For basic product information, key features and specifications

Whitepaper

Detailed documents on technology, its application and real-world solutions

2 Related Documents

Training documentation, manuals, user guides and more

UEFIリソース


AMIのAptio Vの要であるUnified Extensible Firmware Interface (UEFI) 規格についてさらに知る

TOP