American Megatrends Logo

 
 

VeB Development Environment

 
 
 

Development Environment Built for Aptio V


Visual eBIOS(VeB)は、製品強度のファームウェア開発用に作成されたグラフィカルな統合開発環境(IDE)です。 2001年にAMIによって最初に導入されたVeBは、AMIのフラッグシップUEFI BIOSであるAptio® V でファームウェア開発のための高度なグラフィカル環境を提供します。 VeBは現在、安定した最新のBIOS開発のために不可欠なツールに成長しました。

Visual eBIOS Logo Visual eBIOS screenshot

Visual eBIOS(VeB)開発環境は、Windows®、Linux®などの複数のオペレーティングシステムをサポートしており、x86、x64、ARMシステムをクロスプラットフォームサポートしています。 VeBは、複雑なコマンドによるコーディングの必要性を減らすことができますが、Aptioのバージョンとハードウェアプラットフォーム間の一貫性は、ツールの使用を再学習する必要性を排除します。 代わりに、VeBは、異なる製品ラインを管理するファームウェアエンジニアが開発経験を共有できるようにし、製品の品質と安定性を向上させることになります。

VeBはスタンドアロン製品として販売されていませんが、Aptio Vソースの一部としてAptioのお客様に提供されています。 詳細については、AMIソフトウェア営業担当者にお問い合わせください。

  • 統合プロジェクト管理、ソース管理インターフェイス、および有用なウィザードを含む、使い易く直感的なインターフェイス
  • プロジェクト設定の管理、 プロジェクト出力の確認とビルドログの収集
  • VeBから直接プロジェクトをビルド
  • ソースコントロールサポートの統合
  • Integrated デバッガサポートの統合
  • UNICODE対応のテキストエディタ
  • SDL言語の演算子優先順位による算術演算のサポート
  • VeBからの 単一コンポーネントのビルドもサポート
  • Eclipse IDEを基に開発
 
 

VeB Development Environment Resources


Links for product support, documentation and related resources

Product Support

Downloads, FAQ items, Technical Support contact information

Data Sheet

For basic product information, key features and specifications

Whitepaper

Detailed documents on technology, its application and real-world solutions

2 Related Documents

Training documentation, manuals, user guides and more

 
 

UEFIリソース


AMIのAptio Vの要であるUnified Extensible Firmware Interface (UEFI) 規格についてさらに知る